賃貸 大阪 賃貸 東京 「2011年10月」のアーカイブ | 金持ち父さんへブログアクセスアップ&アフィリエイトで成り上がる!

年間不労所得3億のS氏★無料インタビュー

少し前にご案内しました、ホンマモン成功法則をご紹介した際には、
無料という事もあり、たくさんの方にご登録いただきました。

その節は、楽しんできただけましたか?

今日は、同じジャンルのスゴイ方の無料キャンペーンが始まったので、ご紹介します。私も、既に登録して、内容を確認しました。

お勧めできる内容だと思ったので、ご紹介します。

S氏ということで、実名はふせてらっしゃいますが、
私からは、ホンマモン成功法則の丸尾さんとの比較で、報告します。

丸尾さんもS氏も不動産投資で莫大な資産を築いたのは、共通してます。

丸尾さんは、バリで不動産投資しましたが、S氏はアメリカです。

バックエンド教材は、丸尾さんは、成功哲学DVDでしたが、
S氏は、恐らくシークレットマネークラブ和橋という会員制塾っぽいです。

S氏からは、より具体的な投資術が聞けるような気がします。

私個人的には、会員制塾で具体的に投資術を色々聞けた方が良いかなと思います。
なぜなら、成功哲学って言われても、抽象的過ぎて、具体的にどうしたら良いかわからないと感じました。

丸尾さんのバリでの不動産投資は、私も一通り調べましたが、日本人国籍のままでは基本的にバリで不動産を買えません。奥さんをバリでもらわないと簡単には買えないのですね。これじゃあ、マネできない・・

それに対して、S氏の場合は、米国です。
米国で不動産は、日本人でも買えます。ソーシャルセキュリティーナンバーというID登録をすれば、基本的に外人でも買えるのです。

しかも、米国不動産投資には、日本と違い、以下の大きなメリットがあります。

1:保証人不要でも可
2:融資の判断基準が、人に対してではなく、物件価値を重視
3:不動産価値は、基本的に築年とともに日本では目減りするが、米国では一般に目減りしにくい。

つまり、身よりもない、大して資産もない人でも、安定職に付いていれば、気軽に始められて、しかも、万が一、ローンが払えなくても、支払い限度が、当該不動産に限られるので、親族・親戚に迷惑をかけない。(ノンリコスローン)

こんな感じで、日本より不動産投資で儲けやすい土壌があります。
ただし、サブプライム問題以降は、以前より融資基準は厳しくなっていますが・・

しばらく、私もS氏のスタイルを勉強するつもりです。

今だけ無料ですから、S氏のスタイル垣間見て下さい。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 推定資産125億。年間不労所得3億 日本人大富豪S氏の教え
   
   ・日本人大富豪S氏への資産の築き方・60分以上インタビュー

     数日間だけ無料です。聞きたい方は以下をクリック!!     
   → 無料でもらう

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


タグ

続編★インサイダー取引で儲ける人たち

前回、ご紹介しましたインサイダー取引について
ご好評いただきましたので、今日は続編です。「インサイダー取引で儲ける人たち」

この本の中に登場する女性をご紹介したいと思います。
「まほりん」とかいう女性もインサイダーなのですが、
情報はどこから仕入れていると思います?

当ててみて!

・・・

・・・

何と!風俗嬢・・
(ある意味どことなくわかる気もするが・・)

風俗嬢の中でも、何だと思います?

・・・

・・・

SMクラブです。
(ある意味どことなくわかる気もするが・・)

何やら、上場企業の偉いさんほど、そうゆう遊びが好きらしく、
まほりんは、SMクラブに遊びに来たお客さんから
インサイダー情報をGETしていた様です。

なるほど!

そんな情報まで、当局はかぎつけられませんから、
危なげなく、そこからの情報で儲かっていたそうです。

著者は、本の中で、次のように述べています・・
「限られた人しか知りえない情報こそが命であり、
そうした情報を獲得するために、日夜、人脈を広げるのが大切だ。」

*まほりんは、著者の販売する株の情報商材の購入者さんで、
著者はその女性から来た質問をやり取りしているうちに仲良くなり、
インサイダー情報も、そのうち教えてもらえるようになったそうです。


タグ

インサイダー取引で儲ける人たち

先日、日興コーディアルがらみのインサイダー取引がニュースになりまして、
その事もありますが、実は、たまたま書店で購入した本がきっかけです。

その本のタイトルは・・

「インサイダー取引で儲ける人たち」

株をやる人なら、必ず関心があるはずです。
ってゆーか、こんな本出したら、証券取引委員会に目をつけられて、起訴されるんじゃないの??

すごい度胸だなぁ・・

ま、著者さんは、数年前に知人がらみで絡んだという感じで、グレーゾーンで述べていますが。
それにしても、インサイダーらしき動きは、私も何度も場中に体感している。

そう、決算発表前なんか、かなりの確率で直前の動きは不審なものが多い。
好決算だったら、発表前の値動きが、ジリ高のケースをよく見かけます。

その情報を握っている人の友達の友達なんかだと、まずバレませんよね。

インサイダー情報は、その情報管理がコンプライアンス程度にしかされてなかれば、上場会社はたくさんありますので、どこからかはいつも漏れますよね。

権力を握る人が、その情報を自由にできる。
富めるものは、ますます富む・・

作者は、そうゆうアンフェアなやり方で大成したくないので、既に日本株の世界からは今は離れて、儲けた金で実業で大成すべく事業を始めています。(だから、こんな本が今、書けるのだろう。)

まだまだ、この本の中には、インサイダー仲間たちの面白い話がたくさん載っています。株に手をかけている人なら、読んでおくべき本です。

よろしくお願い申し上げます。


タグ

このページの先頭へ